たとえば、イノス共済会の場合には、
ご新居を完成に導く補償制度です。
万一の場合、工事が続行できなくてもイノス共済会が責任を持って代わりの建設会社を選定します。
工事は引き継がれ、ご新居は契約通りに完成します。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の施行により、建設会社は瑕疵責任を負うことになりました。
この法律への対応はもちろん’欠陥の不安’を取り除き、安心して暮らしていただく10年間をお約束するものとお考えください。
軟弱地盤の多い日本。弱い地盤をそのままにして住宅を建築し、不同沈下により傾いた例も少なくありません。怖い不同沈下の危険性を詳しく調べ、地盤が弱ければ補強工事を実施します。
万全を期した上で万一の場合には補償されます。
台風で瓦がくずれた、強風にあおられてドアがこわれた、ひょうで窓ガラスが割れたなど、自然災害による建物の破損が対象になります。

※原則として保証は金銭ではなく補修等になります。


お住まいは、全てのお客様にとって大切なもの。そして、お住まいの建築は、お客様お一人お一人の人生の中で大きな事業になります。


当社は、お客様の大切なお住まいを安心して建てていただくため、次のように信頼できる第三者の補償制度を導入しています。

保 証 制 度

2009 Okabe Construction Company